没後500年の記念イヤーに、“万能人レオナルド”への新たな挑戦が始まる。

“飽くなき探究心”と“尽きることのない独創性”が火花を散らす、

音楽のジャンルを超えた才能のぶつかり合いを目撃せよ!

ダ・ヴィンチ音楽祭 in 川口 vol.1

音楽祭芸術監督 濱田芳通
2019  8/14(水)15(木)16(金)17(土)
川口総合文化センター・リリア 音楽ホール/催し広場
主催
アントネッロ
共催
公益財団法人 川口総合文化センター・リリア
協力
アルテスパブリッシング/ムジカキアラ
後援
川口市/川口市教育委員会/イタリア大使館/イタリア文化会館
助成(音楽祭)
公益財団法人 朝日新聞文化財団
公益財団法人 野村財団
助成(オペラ)
芸術文化振興基金
公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団
公益財団法人 花王芸術・科学財団
公益財団法人 全国税理士共栄会文化財団
公益財団法人 三菱UFJ信託芸術文化財団
主催
アントネッロ

新しい音楽祭が、始まります。

2019年、没後500年を迎えるレオナルド・ダ・ヴィンチにちなみ、川口総合文化センター・リリアにおいて、彼の名を冠した「ダ・ヴィンチ音楽祭 in 川口」が始まります。

ダ・ヴィンチは、美術のほか、建築・解剖学・自然科学・天文学・物理学・土木工学など、様々な分野に業績を残しています。そして更に、リラを片手に即興で歌ったり、楽器の発明や改良を行い、音響や音声を研究し、イべントプロデューサーを担うなど、音楽の分野でも高い評価を得ていました。

その精神に倣い、多くの才能が新しいことに挑戦し、互いに研鑽し合える場を作りたい。その思いで音楽祭は誕生しました。「ダ・ヴィンチ音楽祭 in 川口」ならではの熱いコラボレーションを、ぜひ体感してください。

 音楽祭芸術監督/アントネッロ代表 濱田芳通
アントネッロ・オフィシャル・ウェブサイト https://www.anthonello.com/

公演スケジュール

オペラ「オルフェオ物語」 

レオナルド・ダ・ヴィンチが総合プロデュースした、幻のルネサンス・オペラが甦る!
オペラ「オルフェオ物語」 本邦初演 原語上演(字幕付)
プロデュース

レオナルド・ダ・ヴィンチ&アントネッロ

台本

アンジェロ・ポリツィアーノ

台本

アンジェロ・ポリツィアーノ

          

                    

チケット

8/14(水)・15(木) 18:30開演(17:45開場)《同内容2回公演》

会場

4階 音楽ホール

チケット

全指定席 S席10,000円・S席ペア19,500円・A席7,000円

チケット

全指定席 S席10,000円・S席ペア19,500円・A席7,000円

ダ・ヴィンチが祝祭劇を統括した痕跡は「手稿」にいくつも残っているが、それら「オペラ以前のオペラ」と呼ばれる作品は残念ながら楽譜が残っていない。ルネサンス人文主義の偉大なる詩人アンジェロ・ポリツィアーノの台本によるこの「オルフェオ物語」は、歴史的に意義深い催し物として何度か上演され、レオナルドも総合プロデュースを手がけたと考えられている。今回の上演ではダ・ヴィンチの視点も考慮しながら音楽を復元し、ダ・ヴィンチ×アントネッロの新たな「オルフェオ物語」に挑戦する。
                               
指揮

濱田芳通

演出

中村敬一

演出

中村敬一

CAST

          

                    

オルフェオ
坂下忠弘
エウリディーチェ/メルクーリオ
阿部雅子
モプソ/ダ・ヴィンチ
黒田大介
プロゼルピナ/ドリアス/バッカスの巫女
中山美紀
プルート
彌勒忠史
アリステオ/ミーノス
上杉清仁
ティルシ
中嶋克彦
ドリアス/バッカスの巫女
赤地カレン
ドリアス/バッカスの巫女
乙顔有希
バッカスの巫女の頭
細岡ゆき
アリステオ/ミーノス
上杉清仁
                               
牛(舞踏)
江澤淳泗
牛(舞踏)
江澤淳泗
                               
管弦楽
アントネッロ
ヴィオラ・ダ・ガンバ
石川かおり・品川聖
リラ・ダ・ブラッチョ
天野寿彦・なかやまはるみ
リウト/キタッラ
高本一郎
トロンボーネ
和田健太郎・栗原洋介
フラウト/シュレイエル・プフェイフェ/
ドゥルツァイナ/クロモルナ/コルネット/ファゴット
濱田芳通・古橋潤一
タンブレロ
濱元智行
クラヴィシンバルム/オルガノ
矢野薫
アルパ/ヴァージナル
西山まりえ
リラ・ダ・ブラッチョ
天野寿彦・なかやまはるみ

ミラノのダ・ヴィンチ
スフォルツァ家宮廷音楽と現代邦楽

作曲家、指揮者として世界で活躍する杉山洋一がプロデュース!
ミラノのダ・ヴィンチ スフォルツァ家宮廷音楽と現代邦楽
                               
日時
8/15(木) 14:00開演(13:30開場)
会場
1階 催し広場
チケット
全自由席 4,000円
チケット
全自由席 4,000円
                               
プロデュース
杉山洋一
三味線
本條秀慈郎
尺八
長谷川将山
吉澤延隆
LEO
尺八
長谷川将山
ダヴィンチはミラノの宮廷に仕えていた時期があった。そこでミラノを中心に活動する作曲家・指揮者の杉山洋一が、当時の音楽を編曲し邦楽器で演奏する。「六段」など邦楽古典もキリスト教音楽の影響は強い。濱田監督がライフワークとしている南蛮音楽企画を逆方向の視点から捉えようという意味もある。本音楽祭が早くも2曲の世界初演曲を世に送り出す。

演目抜粋

  • ヤニス・クセナキス:「入陽」2面の箏、三絃、尺八のための(1985)
  • 高橋悠治:「Nekyia」尺八のための(1967)(世界初演)、「百鬼夜行絵巻」二十五絃箏、十七絃箏、語りのための(2014)、「微かに」三味線のための(2013)
  • 杉山洋一:「バガテルIII-見えるもの見えぬもの」2面の二十絃箏のための(2013)、「Ludus perpetuus」三味線のための(2018)、「ダ・ヴィンチ頌歌-ガレアッツォ・マリア・スフォルツァの宮廷から(A.アグリコラ, ジョスカン・デ・プレ, J. マルティーニ, L.コンペール, G. ウェールベケによる)」2面の箏、三絃、尺八のための(世界初演)
  • ヤニス・クセナキス:「入陽」2面の箏、三絃、尺八のための(1985)

LACHRIMAE(ラクリメ)
〜涙の系譜〜

歌手・ボディパフォーマー・批評家などいくつもの顔をもつ異能のソプラノ・工藤あかねのステージ!
LACHRIMAE(ラクリメ)〜涙の系譜〜
                               
日時
8/16(金) 13:00開演(12:30開場)
会場
1階 催し広場
チケット
全自由席 4,000円
チケット
全自由席 4,000円
                               
ソプラノ
工藤あかね
リコーダー
濱田芳通
パーカッション
濱元智行
パーカッション
濱元智行
ダ・ヴィンチが活躍する150年ほど前、フランスに現れた作曲家ギヨーム・ド・マショー。素朴な喜びから高貴な嘆きの表現にいたるまで、聖俗に応じ変幻自在にスタイルを合わせる鮮かな手腕!革新者でありながら古き佳きものへの憧れを手放さなかったマショーの姿勢は、現代の作曲家へも連なってゆきます。今回は700年近くの時空を飛び越えてケージ、カーゲル、ブソッティの作品をお届けします。どの曲も古き佳きものへの憧れがぎっしり!一風変わったマリアージュをお楽しみに!

演目抜粋

  • ギヨーム・ド・マショー:歓びよ、快く甘き心の糧よ/せめてもの憐れみを/甘やかなる麗しの君/私は幸せに生きてゆける/もし人々の噂が/私は死ぬ、貴女に逢えないくらいなら/姫君よ、誰のものでもないあなたに/優しき友よ/私が嘆けば
  • ジョン・ケージ:ソネクス2
  • マウリシオ・カーゲル:バベルの塔
  • シルヴァーノ・ブソッティ:ラクリメ
  • ギヨーム・ド・マショー:歓びよ、快く甘き心の糧よ/せめてもの憐れみを/甘やかなる麗しの君/私は幸せに生きてゆける/もし人々の噂が/私は死ぬ、貴女に逢えないくらいなら/姫君よ、誰のものでもないあなたに/優しき友よ/私が嘆けば

古楽リレーコンサート

日本の古楽界をリードする演奏家たちのコンサートが、なんと一度に6つも楽しめる!
古楽リレーコンサート6公演全て聴いても4,000円!
          

                    

日時

8/16(金) 16:00~21:00(15:30開場)

会場

 4階 音楽ホール

チケット

全自由席 4,000円

チケット

全自由席 4,000円

※各回の開始時間は前後する事があります。

16:00〜

喜多直毅&黒田京子DUO
Improvisation 〜ウィズ・ザ・ミスティック・スマイル〜

          

                    

ヴァイオリン
喜多直毅
ピアノ
黒田京子
ピアノ
黒田京子

万能の人と呼ばれ、即興演奏=Improvisationの名手でもあったレオナルド・ダ・ヴィンチ。アルゼンチンタンゴからフリージャズ、即興演奏まで幅広く活躍する喜多&黒田DUOが、有名な映画音楽「モナリザ」などをモチーフに演奏します。

16:50〜

メディオ・レジストロ
スパニッシュ・プログレッシヴ・バロック

          

                    

リコーダー

古橋潤一

オルガン

能登伊津子

バロック・チェロ

西沢央子



バロック・チェロ

西沢央子

17世紀スペイン・オルガン音楽を器楽曲へ翻案。作曲者の意図を深く考察した大胆な編曲と、即興的でありながら緻密なアンサンブルで原曲の魅力を最大限に引き出します。

演目抜粋

  • J.B.カバニーリェス:第4旋法による足鍵盤付きティエント
  • コレンテ・イタリアーナ 他
  • J.B.カバニーリェス:第4旋法による足鍵盤付きティエント

17:40〜

チパンゴ・コンソート
18世紀ヴェネツィア ピエタ慈善院の女子合奏団 

                               
バロック・ヴァイオリン
杉田せつ子、宮崎蓉子
バロック・チェロ
北嶋愛季
チェンバロ
矢野薫
バロック・ヴァイオリン
杉田せつ子、宮崎蓉子
運河に燦めく七色の朝陽と幻惑の夜霧…18世紀水の都ヴェネツィアでは、アントニオ・ヴィヴァルディの熱心な教育のもと、ピエタ慈善院に暮らす子女たちが音楽を学び演奏の腕を磨きました。集う人々を魅了し、またその為に作曲された作品群より、当時と同じく女性アンサンブルでお届けします!

演目抜粋

  • A.ヴィヴァルディ:「調和の霊感」 Op.3より
  • G.レグレンツィ
  • D.カステッロ
  • G.B.プラッティ 他
  • A.ヴィヴァルディ:「調和の霊感」 Op.3より

18:40〜

古楽アンサンブル gmt
さんざしの庭 オリーブの丘に そよぐ風
〜イギリスとイタリア 古(いにしえ)Popを、gmtオリジナル・スパイスで〜

                               
リコーダー
細岡ゆき
チェンバロ
矢野薫
ヴィオラ・ダ・ガンバ
なかやまはるみ
ヴィオラ・ダ・ガンバ
なかやまはるみ
古Pop、それはルネサンス、バロック時代に人気のあった旋律。今回はこの古Pop、特にイギリス・後期ルネサンス、イタリア初期バロックの作品に、現代のgmtがスパイスを効かせ、オリジナルアレンジを施して楽曲に新たな魅力・風味を加えていきたいと思います。gmtスパイスで、古Popをお楽しみ下さい。

演目抜粋

  • J.プレイフォード:ダンシング・マスターより
  • J.ダウランド:今こそ別れ、帰っておいで
  • G.カッチーニ:麗しのアマリッリ
  • A.ファルコニエーリ:フォリアス 他
  • J.プレイフォード:ダンシング・マスターより

19:30〜

Vocal Ensemble 歌譜喜(かぶき)
歌譜喜 presents アカペラ万華鏡

          

                    

ソプラノ

田村幸代

メゾソプラノ

小林祐美

テノール

佐藤拓、富本泰成

バリトン

谷本喜基

バスバリトン

松井永太郎

ソプラノ

田村幸代

古今東西、幅広いレパートリーを持つ歌譜喜が、今回は「アカペラ万華鏡」と題して、古典からポップス、民謡まで、様々な楽曲を6人のヴォーカルアンサンブルで演奏致します。

演目抜粋

  • G.ガストルディ:アモールの勝利
  • C.モンテヴェルディ:わたしは若い娘
  • ホヴァルト・グラヴダール編曲:セーフォルの結婚行進曲
  • 黒田賢一編曲:木更津甚句 他
  • G.ガストルディ:アモールの勝利

20:20〜

アントネッロ
ナポリを聴け!〜アンドレア・ファルコニエーリの音楽〜

          

                    

リコーダー

濱田芳通

ヴィオラ・ダ・ガンバ

石川かおり

チェンバロ

西山まりえ

リコーダー

濱田芳通

リレーコンサートの最後を飾るのは、音楽祭芸術監督 濱田芳通率いるアントネッロ。17世紀イタリア・ナポリの作曲家、アンドレア・ファルコニエーリの音楽をお届けします。ジャム・セッション的な趣になるかも!?

演目抜粋

  • 英雄&金髪の可愛いお嬢さん
  • ああ、この上なく美しい髪
  • 悪魔の娘婿バラバーソの戰い 他
  • 英雄&金髪の可愛いお嬢さん

朴葵姫(パク・キュヒ)ギターリサイタル

若く容姿端麗な本格派、言わずと知れたギター界のスター!
朴葵姫(パク・キュヒ)ギターリサイタル
                               
日時
8/17(土) 13:00開演(12:30開場)
会場
4階 音楽ホール
チケット
全指定席 3,500円
チケット
全指定席 3,500円
                               
ギター
朴葵姫(パク・キュヒ)
ギター
朴葵姫(パク・キュヒ)
ギターにとって本当は、ルネサンス・バロックはレパートリーの宝庫。ところが実際にはそれらを披露する機会は少ない。そのなかで朴葵姫は、このルネサンス・バロック期のレパートリーを最良の師から学び、今後もそれをさらに深めようとしている。いよいよ本フェスティヴァルにおいてその成果の一端が披露され、それは継続される予定。本ホールの音響はギターソロにも極めて有効で、拡声しない生音で存分に朴の美音を味わっていただける。

演目抜粋

  • ドメニコ・スカルラッティ:ソナタより
  • ヨハン・セバスチャン・バッハ:シャコンヌ
  • ベンジャミン・ブリテン:ノクターナル(ダウランド「来たれ深き眠り」を主題とした)
  • ジョン・ダウランド作品など
  • ドメニコ・スカルラッティ:ソナタより

レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の音楽

合唱団ラ・ヴォーチェ・オルフィカ
レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の音楽
                               
日時
8/17(土) 19:00開演(18:30開場)
会場
4階 音楽ホール
チケット
全自由席 ¥3,500
会場
4階 音楽ホール
                               
合唱
ラ・ヴォーチェ・オルフィカ
指揮
濱田芳通
器楽
アントネッロ
指揮
濱田芳通
ダ・ヴィンチの生きた時代、ミラノやフィレンツェの宮廷には欧州各地から優れた音楽家たちが集っていた。NHK-BSプレミアムで放映された、14世紀スペインの「モンセラートの朱い本」公演で鮮烈な印象を残したラ・ヴォーチェ・オルフィカが、500年前の教会&世俗音楽の世界へといざなう。

演目抜粋

  • ジョスカン:森のニンフたち(ヨハネス・オケゲムの死を悼む挽歌)
  • ガッフーリオ:「謝肉祭のミサ曲」より
  • ジャヌカン:ミサ曲「戦争」より 他
  • コンペール:《ガレアッツォ公のミサ》より
  • ジョスカン:森のニンフたち(ヨハネス・オケゲムの死を悼む挽歌)

トークイベント
「音楽家レオナルド・ダ・ヴィンチ」

ルネサンスの万能の天才として名高いレオナルド・ダ・ヴィンチは、音楽の天才でもありました。楽器の名手にして新楽器の創造者であり、舞台音楽劇のプロデューサーでもあったダ・ヴィンチと音楽との関係を、音楽祭の公式アンバサダー3人が、さまざまな側面から語り合います。
          
                    
日時
8/15(木)16:30~18:00
会場
1階 催し広場
チケット
入場無料
チケット
入場無料

ダ・ヴィンチ音楽祭  オフィシャル アンバサダー

金澤正剛
(音楽学者、国際基督教大学名誉教授)

ハーヴァード大学大学院博士課程修了。ルネサンス音楽史、中世西洋音楽や古楽全般についての著作多数。

矢澤孝樹
(音楽評論)

慶應義塾大学文学部卒。水戸芸術館音楽部門の主任学芸員を務める。現在は朝日新聞クラシックCD評、『レコード芸術』『CDジャーナル』等で執筆中。

いのうえとーる
(人文科学エヴァンジェリスト)

ゲーム音楽や映像音楽の製作、CD解説執筆、バロック以前と現代の芸術の紹介者として活躍。

いのうえとーる
(人文科学エヴァンジェリスト)

ゲーム音楽や映像音楽の製作、CD解説執筆、バロック以前と現代の芸術の紹介者として活躍。

関連図書・CD・グッズ即売会場 併設!

輸入楽譜の専門店「アカデミアミュージック」が出店!
出演者のCDや著書、関連書籍や楽譜、ダ・ヴィンチの貴重なファクシミリ(複製本)他、
音楽祭ならではのアイテムを販売します。

チケットの申し込み

8/14、15「オルフェオ物語」公演のペア券は❶と❹のみで販売します。

❶リリア・チケットセンター  

[TEL] 048-254-9900(10:00~19:00、休館日を除く)

[WEB] https://www.lilia.or.jp

❷イープラス

[WEB] https://eplus.jp

❸カンフェティ 

[TEL] 0120-240-540(平日10:00~18:00)

[WEB] https://www.confetti-web.com/

❹アントネッロ(受付代行:ムジカキアラ)             

[MAIL] fest@anthonello.com

(メール本文に ①氏名、②〒、③住所、④公演日、⑤公演名、⑥席種・枚数、をご明記のうえお申込みください。)

[TEL] 03-6431-8186(ムジカキアラ直通 平日10:00~18:00)

 

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車いす席ご希望のお客様は事前に❹宛メールにてお問合せください。(座席に限りがあります)
※チケットご予約後のキャンセル及びチケット代金の払い戻しは致しかねます。(公演中止の場合を除く)
※やむを得ない事情により出演者などが変更される場合があります。

会場アクセス

川口総合文化センター・リリア

お問い合わせ窓口

協力:アルテスパブリッシング(木村元)/ムジカキアラ
音楽祭プロデューサー:平井洋